小林恭子司法書士事務所

司法書士は登記(不動産登記、商業・法人登記)の専門家です。

 法務局にて発行される登記事項証明書に不動産の権利関係や会社に関する事項(目的、本店、役員など)を公示する為のお手続きを行います。

 お客様のご依頼をいただき、業として登記申請の代理人になれるのは、弁護士と司法書士のみです。司法書士は国家資格であり、国から認められた者として、誇りと責任をもって業務にあたります。

 正確なお手続きをすることで、お客様の権利の保護と円滑な取引を守ります。

 また、身近な法律家として、遺言、遺産分割、離婚に伴う諸問題や裁判等、お客様のお悩みを解決するためのお手伝いを致します。


 取引の安全や権利関係を守ることで、経済活動を支えています。

 当事務所では、一つの事案に対して、その周辺の手続きも含め、お客様のご負担をなるべく少なくすることを心掛けております。

例えば相続が発生した場合、不動産の相続登記だけでなく、口座解約や相続財産である不動産の売却も必要となるかもしれません。また、相続税の申告が必要になるかもしれません。

 会社設立であれば、設立準備として社内のレイアウトを考えたり、ロゴやホームページの制作をしたり、また特定の業種では許認可の申請が必要となったりすることもあると思います。当事務所では、そんな周辺手続きも含めて少しでもお役に立ちたいと思っております。司法書士だから登記だけ分かればいいのではなく、様々なことに興味を持って勉強し、また様々な業界の方々との交流を通じて、お手伝いができたらいいと思っております。ワンストップでサポートできるワンチームを目指して精進して参ります。